胃の不調の原因はアセチルコリン不足。胃の働きを正常に保つインナーケア

人間の身体は何らかのストレスを受けると、脳から胃にストレス信号が送られ『アセチルコリン』が減少します。

『アセチルコリン』は副交感神経(リラックス神経)を刺激する作用があり、睡眠の質を高めたり、記憶をコントロールするなど、1日に活力を与える神経伝達物質です。

また胃腸の働きにも深く関わっている神経伝達物質でもあります。

画像の説明


アセチルコリンはストレスに弱く、ストレスで分泌が減少します。

アセチルコリンが不足すると、胃の働きが弱まり、胃痛や胃もたれのような症状が出てくるのです。

胃痛や胃もたれの不快な症状でストレスを感じると、さらにアセチルコリンが減少し、ますます胃の不調を悪化させていくという、悪循環に陥ってしまいます。

この症状は『機能性ディスペプシア』と呼ばれています。

そして、この症状はストレスがなくなっても悪循環が続いてしまうので、なかなか治りにくく慢性的な不調になってしまいがちなのです。

このような悪循環を断ち切っていくためには「アセチルコリン」を増やしていくことが大切です。

メディカルフードのバイタルプラスはアセチルコリンの材料「レシチン」を脳に直接届けるよう、デザインされている機能食品です。



メディカルフードは、アメリカでお医者さんが扱ってるもので、豊富な臨床検査で安全性と効能で厳格な実証がされ、科学的に効果が立証されています。

ストレス溢れる今の時代に、あなたらしくイキイキとした毎日を過ごすために、バイタルプラスで脳を活性化せ、アセチルコリンを増やしていきましょう。

バイタルプラスでのインナーケアを続けていくことで、活力溢れる自分を取り戻していることに気づくことでしょう。





コメント


認証コード3761

コメントは管理者の承認後に表示されます。