老化と病気を招く自律神経の乱れ

自律神経の乱れが老化と病気を招きます。
ストレスや不規則な生活で自律神経が乱れると、自然治癒力が低下し、心や身体の不調が起こり、どんどん老化が進行するので、いつまでも若々しく元気でいるためには、自分で日々こつこつとセルフケアしていくことがすごく大切なんです。

老化と病気を招く自律神経の乱れ

体全体を楽団とし各臓器が楽器とすれば、自律神経は指揮者の役割をしているそうです。指揮者(自律神経)がめちゃくちゃにタクトを振ったり、寝ていて動かないと、体はどうなってしまうんでしょう?

答えとなる「自律神経」についてオプティライフショップニュースで、体を楽団に例えながらすご~~~くわかりやすい説明がしてあるんです。自律神経について、こんなにわかりやすい説明ははじめてです。ぜひ読んでみてくださいね♪

自律神経のバランスが崩れることにより、体を動かしている神経伝達物質やホルモンの分泌に支障をきたし、病気となって現れます。精神的な病気にも大きく関わっているんです。

男性は30歳、女性は40歳で自律神経が乱れ始めるそうなので、病気の症状が出てきてから対処するのではなく、元気なうちから定期的にエイジングケアをして、自律神経のバランスを整え、老化を防止していつまでも若々しく健康でいたいですね!


コメント


認証コード6449

コメントは管理者の承認後に表示されます。